消える命 咲く命

オベサの中で一番種を作ってくれたユーフォルビア・オベサ(Euphorbia Obesa)が亡くなりました。 原因は病気なのですが、結局なぜその病気に罹ったか理由がわからないのでスッキリしません。なぜなったのかわからないと予防もできないし、学べないので... …

いろいろ発根(里芋の記録2)

運悪く手に入ってしまったベアルートのグラキリスが発根していました。(里芋と呼んでいます) 普段は水槽にいる花牡丹の後ろにいるので、存在感がありません。 初めは毎日観察していましたが、ここ数ヶ月放置気味でした。株が柔らかくなったり、用土(砂)に…

しわしわ

蘭鉢用ホルダーに乗せたラウイがしわしわになりつつありました。 ややしわ 前に水やりしたのが1週間以内だと思うので、エケベリアって水飲みなんだなと思いつつ水を張って腰水します。 植え替え時の傷が目立ちます 今ある下葉がこれより上に上がることはなさ…

天使の輪の上で

エケベリア・ラウイ(Echeveria laui)の自然光で育てる方を蘭用のホルダーを使い簡易ビニールハウス上空に置くようにしました。 より高温の場所に置いて、鉢内温度を上げたら根が動いて成長が早まるのではというねらいですが、意味があるのかわかりません。 …

信州へ 続き

各自、お昼ご飯を済ませると実生教室が始まった。今回、長野まで来たのはこの勉強会に参加するのが目的。 Fさんという優しい方が丁寧に教えてくださった。 種まきにはみかん箱の発泡スチロールがちょうどいいそうだ ある程度大きくなったら、浅く広い鉢に植…

信州へ1

また信州に行く機会があったので前回の内容の下書きを再利用して日記にしました。植物の話はあまり出ません。 5月の中頃、信州カクタスクラブで勉強会があるというので悩んだ末、遠いけれど行くことにした。 長野には新幹線で行った。かがやき?という名の…

夏の水やり

夏の水やりは日が暮れてからします。 本当は早朝にやりたいのですが、朝やると昼、暑すぎて煮立ってしまうらしいです。 バケツの上に網棚を置いて植物に水をあげます。(そのまま水やりすると地面が湿ってジメジメするので面倒ですが自分で排水します) 久しぶ…

宝石みたいです

今まで興味がなかったエケベリアも育ててみることにしました。 エケベリアとしては初仲魔のラウイ(Echeveria laui) かすった程度でも白い粉?が落ちていきます。 宝石を扱うように慎重に植え替えをしましたが、写真のように傷がついてしまいました。 なるべ…

実生

育てているサボテンたちの種が発芽しました。 前に長野のサボテンクラブで種の撒き方を教わったので、再現できることはそっくりそのまま真似ました。 発芽したサボテンたち 7割自家採種、他はタイ輸入や趣味家の方、元々結実していたサボテンが連れてきたも…

砂漠のバラ

梅雨みたいな天気にまた変わり、植物の動きがゆっくりになったかと思いきや、帰ってくるとアデニウム・オベスム(Adenium obesum)が一輪花を咲かせていました。 砂漠のバラと呼ばれるらしいですが、どちらかと言うと陽気な花にみえます アロハシャツが似合…

よく水をのみます

初めての植物、アデニウム・オベスムが最近よく水をのみます。 何度も引っこ抜かれたり、試行錯誤で大変な目にあっていますが深鉢にしたら、調子がよさそうです。 現在の様子。 一時は丸はげ一歩手前でしたがだいぶ育ちました。 3月頃 最初21/12月頃 たくさ…

夢の島へ

ISIJ・国際多肉植物協会が催しものをやるということで、夢の島の植物園に行った。 ここに来るのは小学生以来だ。 当時、ゴミの島と呼んでいたのを覚えているし、毎週ではないけれど、ちょくちょくこの植物園の向かいの野球場で野球をしていたので、勝手な愛…

サボテンの死

つい三日ほど前に、植え替え忘れていたランポー玉と兜丸の交配種、白ラン兜丸が死んでしまった。 花を咲かせ元気そうに見えた白ラン兜。 植え替えようと土を払うと、根っこが赤くなっていた。兜丸たちによく起きる病気だ。(根腐れ?) 健康そうな見た目 肝心…

サボテンクラブへ

3月、趣味家が集まるサボテンクラブに行った。 多くの人はビニールハウス、温室を当たり前のように持っていて、正直、僕の栽培環境と経験では参加していいのか疑問だったが、どうにかなると思い参加してみることにした。 場所は片道100kmほどあり、遠い。 こ…

接木のサボテン

簡易温室の最後列センターを陣取っている、接木のランポーの様子がおかしいので引っこ抜く事にした。 水をあげてもあげても痩せていくばかりで吸っている気配がなかった。 (サボテンの接木は成長の早いサボテンの上に、遅いサボテンをくっつけて成長を早くす…

大船フラワーセンターへ(サボテン・多肉植物展)

午前中に捻挫を診てもらった後、そのまま休む必要性を感じ、鎌倉の手前の大船で行われているサボテン多肉植物の展示会を見に行った。 日比谷花壇の植物園(バラ園?)らしいが詳しいことはわからない。 降りたことのない駅で下車し、徒歩10分くらいの距離にあ…

良いこと、いろいろ

朝起きると 名古屋のサボテン園で譲ってもらった、ランポー玉(アストロフィツム・ミリオスティグマ)の花芽?が裂けて種を出していた。(結実した花芽?をなんと呼ぶのかわからない) ザクロのよう。ややグロテスク 採取したかったサボテンの種が採れてうれしい…

朝から植物のお世話を

4月最終日。 早朝から、晴れておりずっとできなかった植え替えと用土作り。 朝は寒かったので、温めた中国茶を飲みながら、ふるいをガタガタと揺らし、微塵を取り除く作業をした。 (植物と関係ありませんが、中国人用の食料品店のプーアルや薔薇茶?は砂糖も…

兜丸の療養日記

昨日、同じ内容の日記を書いてアップロードしようと思ったら中身が白紙になっていたので、思い出しながら書き直しました。 カイガラムシかワタムシかよくわからない幼虫の群れに襲われて、薬湯に何度も浸けられたり、根っこをバサバサ切られた兜丸が膨らんで…

富士山の麓にて

二日前、新富士で植物の即売会があったので行った。 会場のふじさんめっせ。 朝早くに起き、日の出時刻が早くなっていることや早朝は流石に冷える事に気づく。 会場には新幹線で行った。 東京駅に着くと、旅行者や帰省する人で朝からすごい人だった。 ひかり…

ネジラミ その2

ネジラミ?かネコナカイガラムシ?なのかわからないが、元気がないことだけははっきりしているサボテン・兜丸をサボテンおじさんのところに連れて行った。 ついでに白い粉が付いているサボテンと飢餓状態の接木サボテンも連れていく。 サボテンおじさんのと…

咲きそうで咲かない

また雨が降って、寒いのでみんなの観察だけをした。 ベランダチームの接木、ランポーの咲きそうにない花芽をむしっていく。 一気に水をあげたのか身割れした傷がある接木のランポー。 彼らは急に水をたくさんもらうと受け止めきれず、裂けてしまう。 種がで…

サボテンの蜜

昨日は、恐ろしい寒さと雨で土いじりができなかった。 暇なので、ベランダ組のサボテンを観察する。 名古屋の犬山近くにある小林カクタスというサボテン園で譲ってもらった、サボテン。 園主のおじさんに聞いても「忘れた!」とのことだったので、なんという…

種の自家採取ができました。

サボテンにとっては大変失礼だろうけど、ナメクジみたいな変な花がずっとついていて、気味が悪いなと思い、1ヶ月以上放置していたサボテンがいた。 流石にこのままは放置はよくないと思いピンセットで取ってカッターで中を割いてみた。すると中に種が入って…

ネジラミ その1

日記の更新頻度が落ちている。 ただ、下書きには20個くらい溜まっている。 自分は感情を優先して動いてしまうので、読み返すと恥ずかしい物や、文章力が壊滅的にない事もあって、何を書いてるのかわからないのもある、そういうのを寝かせ続けて下書きだけが…

花殻摘み

3週間ほど前に仲魔になったロフォフォラ。 花が咲いたあと、そのままにしていたがきれいにしてあげた方がいいらしいので掃除をした。 咲いていた時の様子 今の様子 植え替えをして、水をたっぷりあげているので徐々に膨らんでいる気がする。 最近は攻めの水…

五反田TOCへ(サボテン・多肉植物ビッグバザール)

昨日、国際多肉植物協会のビッグバザールがあった。(プロ・アマ合同の植物即売会) ベランダの棚を完成させていないし、スペースもないので行く気はなかったが朝4時に目が覚めてしまい、せっかくだから行くことに.... 前回、1月?くらいにもあり雰囲気がコミ…

花と水やり

日々、どんどん暖かくなっていき、毎日誰かしら花を咲かせてる状態になって、「今の環境で良さそう」とほのぼのしていたら、今日の暖か過ぎる天気と強い日差しで日向ぼっこ棚のパキポチームに異変が生じていた。 下段で花を咲かせているランポーと遊んでいた…

簡易ビニールハウス作り(陽だまり改造その1)

3週間ほど前、ベランダに植物を置く棚を設置した。 アルミ製で錆びにくいとのことで、高かったが購入。 陽だまり。フラワースタンド 良いフォント、信頼できそう パーツはとても少ないが、IKEAの説明図を倍わかりにくくした、とんでもない説明書で少し苦戦す…

カクチペス復活、エブレネウム開花

今朝、日向ぼっこ棚を見ると、2月に棚から落とし、それ以来ポロポロ泣くように落葉していたカクチペスが今朝、新芽を出していた。 転落事故から44日目にしてようやく、復活の兆し。 これほどうれしいことはない。 新芽を出したばかりでも、油断せず今までと…